Fashion Tips

【メンズファッション】自分に似合う襟はどれ?代表的なシャツの襟を大解説!

【メンズファッション】自分に似合う襟はどれ?代表的なシャツの襟を大解説!

こんにちは! コロナウイルス対策のリモートワーク中も自宅で一張羅着て襟を正しているLYL.FASHIONのhiroyukiです。 今回は、春〜秋までコーディネートのトップとして大活躍するシャツのお話です! 特に、シャツ選びのポイントとなる『襟』にスポットライトを当ててみましょう。 襟の持つ特性や、似合う顔の形などのお話をしますので、きっとあなたにぴったりな襟が分かるはずです。 それでは、いってみましょう! ①レギュラーカラー (Vintage シャツ/ブラウス - 000001-84734) こちらは、シャツで最もメジャーである「レギュラーカラー」です!(ちなみにカラー(collar)というのは、襟の英語表現です。)   Yシャツなどによく使われる襟で、スタンダードカラーまたはシャツカラーとも呼ばれます。   TPO問わずすべてのシチュエーションで使える万能な襟ですね。 <こんな顔の形の人に似合う!> ・フェイスラインが曲線形な卵型の顔の人 ・フェイスラインが曲線形な面長な顔の人 ・フェイスラインが直線形でシャープな逆三角形な顔の人   ②ホリゾンタルカラー (Polo Ralph Lauren シャツ/ブラウス - 000001-10735) こちらは、レギュラーカラーに比べて襟の開きが大きいのが特徴の「ホリゾンタルカラー」です。  ...

続きを読む →

ハマってしまえばそこは深い沼。集めたくなるミリタリー迷彩柄の世界。

ハマってしまえばそこは深い沼。集めたくなるミリタリー迷彩柄の世界。

こんにちは!ミリタリー古着沼で溺れかけのlyl.fashionのhiroyukiです。   ミリタリーと一口に行っても、各国各部隊、年代によってもその柄は様々です。そんなミリタリーアイテムは一旦踏み込むとそこは深い沼。収集癖やマニアック気質な方はお気をつけください。 何を隠そう、私はもうこの数年ミリタリー沼に首まで使っております。   そこで今回は、ミリタリー沼住人の私が最近時にブームになりつつあるユーロミリタリーから、ちょっと変わった迷彩柄をいくつかご紹介しつつ、皆様をミリタリー沼に誘いたいと思います。 ぜひ自分だけのお気に入りの迷彩柄を見つけて下さい!   それでは、いってみましょう!   旧東ドイツ軍『レインドロップカモ』 (旧東ドイツ軍 レインドロップカモ ミリタリージャケット) まずは、無数の線のような模様が特徴的な旧東ドイツ軍の迷彩柄です。   こちらの迷彩柄、じっと見ていると雨がザーッと降っているように見えませんか? そのため「レインドロップカモ」と呼ばれており、最近ではストリートブランドがサンプリングしたりと激アツな迷彩柄なんです!   上記の画像は、そんな旧東ドイツ軍レインドロップカモのミリタリージャケット。 比翼仕立てのジャケットとなっており、ミリタリーらしいディテールを残しながらもシンプルな印象なので、スタイリッシュに着こなしたい方におすすめです!   スイス軍『アルペンカモ』 (スイス軍 アルペンカモ ミリタリーパンツ) インパクト絶大!、スイス軍の迷彩柄です。(*ちなみに、こちらのアルペンカモ柄は古着屋さんで見つけたら即買いして良いでしょう。かなり、キてます!) こちらの迷彩柄は、スイスのアルプス山脈の風景をイメージして作られたもので、「アルペンカモ」と呼ばれています。 アルプス山脈といえば、広大な草原や白い山々を想像する方も多いと思いますが、実は秋になると日本と同様に赤や黄色の鮮やかな紅葉の風景になるそうです。  ...

続きを読む →

『Columbia(コロンビア)』のアウトドアウェアがおすすめな3つの理由とは?

『Columbia(コロンビア)』のアウトドアウェアがおすすめな3つの理由とは?

こんにちは! 今更ですが、最近になってInstagramに激ハマりしているLYL.FASHIONのHiroyukiです。(良ければ見てあげてください!→→→「furoyuki.mmm」)   今回は、アウトドアウェアの人気ブランド、かつ古着屋でもよく見かける『Columbia(コロンビア)』についてお話しようと思います! 簡単なブランド紹介から、コロンビアのアウトドアウェアのおすすめポイントまでをまとめましたので、是非最後までお付き合い下さい。   それでは、いってみましょう!   Columbia(コロンビア) 「コロンビアスポーツウェアカンパニー」は、アメリカのオレゴン州で1938年に創業。 当初は「コロンビアハットカンパニー」の名前で小さな帽子問屋でしたが、オレゴン州がアウトドアスポーツが盛んであることから1960年にスキーグローブの製造会社と合併し、アウトドアスポーツに適した機能性や耐久性を持ったウェアを製造する会社となりました。   コロンビアのおすすめポイントとは? ポイント① 独自開発された素材が凄い! おすすめポイント1つ目は、コロンビアが独自開発した「OMNI−TECH(オムニテック)」という素材にあります! この素材は、業界トップクラスの防水機能と高次元の通気性・透湿性を兼ね備えているので、激しい運動でも群れることがありません。 まさにTHE快適!!! ポイント② とにかく、動きやすさ! おすすめポイント2つ目は、コロンビアのアウトドアウェアだからこその動きやすさです! 「ラジアルスリーブ」という肩に施される立体的な裁断方法によって、他のアウトドアブランドにはないスムーズな運動性を実現しています。 また、立体裁断であることから着た時の肩のラインのシルエットが美しいのも魅力! ポイント③ 豊富なカラーバリエーションとデザイン性! コロンビアの最後のおすすめポイントは、街でもおしゃれに着こなせてしまう程のデザイン性です! 特にカラーバリエーションの面では、 (Columbia ナイロンジャケット -...

続きを読む →

adidas(アディダス)のロゴの違いと意味って知ってる?〜古着の定番ブランド解説 1〜

adidas(アディダス)のロゴの違いと意味って知ってる?〜古着の定番ブランド解説 1〜

こんにちは!私服は95%古着mixスタイル、LYL.FASHIONのHiroyukiです。   今回は、古着でよく目にするブランドの解説シリーズの第一弾。 きっと知らない人はいないスポーツ用品メーカー、『adidas(アディダス)』についてお話していこうと思います!   ブランドの成り立ちから、ロゴの意味までウンチク盛りだくさんの内容となっていますので、是非最後までお付き合いください。   それではいってみましょう!   アディダス誕生までの軌跡 まずは、アディダスの成り立ちからお話しましょう。 アディダスは、今からちょうど100年前の1920年にドイツのニュルンベルクにて誕生したブランドです。 といっても、誕生したブランドは祖先のようなもので、創業者のアドルフ・ダスラーとその兄にあたるルドルフ・ダスラーの2人によって設立された「ダスラー兄弟商会」の名前でした。 (余談ですが、実は兄のルドルフ・ダスラーはのちにPUMA(プーマ)を立ち上げる人物でもあります。つまりアディダスとプーマの創業者は実の兄弟だったのですね。。。)   時は進み1948年、兄のルドルフ・ダスラーがダスラー兄弟商会を辞めてからは、アドルフ・ダスラーの愛称である「アディ」と「ダスラー」を合体させた「adidas(アディダス)」と名前が変わりました。 ここでついに、現在皆さんにもお馴染みのアディダスがスタートします。 その後、1952年のヘルシンキオリンピックで西ドイツの代表選手が全員アディダスの靴を履いたことから人気に火がつき、ブランドはグングン成長していきました。   アディダスのロゴの意味 そんなアディダスのロゴといえば、皆さんはパッとどんなものが思い浮かぶでしょうか? おそらく以下の2つですよね。 (どちらもあまりに有名ですが、1つ目の方は現在のコーポレートロゴなので、ややメジャー感がありますね。) 実はこれらのロゴにはそれぞれに意味の違いがあるんです!    1)スポーツパフォーマンスロゴ まず画像1つ目が「スポーツパフォーマンスロゴ」と呼ばれるものです! こちらのロゴは、1990年に当時のクリエイティブディレクターであったピーター・ムーアがデザインしたもので、象徴的な3本ラインを右肩上がりにすることで「上を目指す」といったメッセージが込められています。   ちなみにアディダスの3本ラインは、創業当初に生産していた革製のスポーツシューズの履き込むことにより革が伸びてしまうという弱点を、3本のバンドで補強したことがデザインソースとなっているんですよ。...

続きを読む →

ファッション用語解説:よく聞く『モード』ってなに?(2)〜「黒の衝撃」編〜

ファッション用語解説:よく聞く『モード』ってなに?(2)〜「黒の衝撃」編〜

こんにちは!古着を語り合える仲間はいつでも大募集なLYL.FASHIONのHiroyukiです。 「モード系」や「モードな服」など、ファッション業界でなにかと出てくるワード『モード』についてのお話し、後編です! 前編では、モードという言葉の定義についてお話しましたが、終盤では一つの疑問が残りました。   なぜ日本ではモードに対して黒を基調としたモノトーンの印象が強いのか?   今回は、その疑問の答えに迫っていこうと思います!   ”モード” = ”黒”の正体 前編でずいぶん引っ張ってしまいましたが、”モード” = ”黒”のイメージを特にここ日本で定着させたブランド。 それこそ日本が誇るモードブランド   『Comme des Garcons(コムデギャルソン)』 『Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)』   なんです!!!   どちらも、恐らく皆さんの”モード”に対する印象通りのルックがコレクションに並ぶブランドですよね。   この2つのブランドがパリコレデビューを果たしたのは1981年。 当時のファッションは体のラインを美しく見せる為の体に沿ったデザインが当たり前な時代でした。 また、当時「黒」という色は反抗や反逆を意味する色としてファッションに用いることはタブーとされていました。  ...

続きを読む →

ファッション用語解説:よく聞く『モード』ってなに?(1)

ファッション用語解説:よく聞く『モード』ってなに?(1)

こんにちは! クローゼットに並ぶ古着コレクションを眺めていて、気付くと1時間以上経っていることの多い、LYL.FASHIONのHiroyukiです。 今回は、「モード系」や「モードな服」など、ファッション業界でなにかと使われることの多い『モード』についてお話していこうと思います! モードって何よ?黒けりゃモード?キレイめならモード? そんな日本的なカテゴライズしたい病がファッション界隈でも多々蔓延しており、実はモヤッとしていますよね。 今日こそ、そんなモヤモヤを解消させましょう! ”モード”の正体 最初に、皆さんは「モードな服」といえばどんなものをイメージするでしょうか? 確かにモードそのものの説明は難しいですが、巷で良くイメージされるモード系アイテムとしては、 (Vintage ナイロンジャケット - 000001-87894)   こんなのや。。。 (Vintage スラックス/無地 - 000001-30188)   こんな感じでしょうか? いわゆる、黒を基調としたモノトーンの服ですよね!   実はこうした巷のモードに対するイメージは、本来の意味とは異なります。 まぁ、日本にありがちな、いわゆる和製英語(本当はフランス語なんだけど。。。)なんですね。   音楽で言えば、   ・R&B × 黒っぽい格好の横ノリ歌謡曲 ...

続きを読む →

この春は、『チェック柄』の古着アイテムを取り入れよう!

この春は、『チェック柄』の古着アイテムを取り入れよう!

こんにちは! 古着をおかずにご飯三杯はいける、LYL.FASHIONのHiroyukiです。   今回は、『チェック柄』にまつわるお話です。 チェック柄がクローゼットに全く無い!って方は少ないんじゃないでしょうか? 一方で、チェック柄にももちろん種類があり、それぞれいろんな歴史が紐付いていることをご存じの方は、もしかすると少ないかもしれません。   今回も実生活で恐らくほとんど役に立たない、でも飲み会やコンパ?などでもしかしたら使えるかもしれない、、そんなチェック柄のトリビアについて、このマニアックなブログにたどり着いていただいた皆さんにシェアしてまいりたいと思います。   それでは、いってみましょう!   チェック柄の種類 さて、皆さんはチェックの種類をどのくらいご存知でしょうか?   タータンチェック、アーガイルチェック、ギンガムチェック、グレンチェック、ハウンドトゥース、ブロックチェック、マドラスチェックなどなど。。。   チェック柄だけでもこれだけあるんですね。。。 でも聞き覚えのある名前もチラホラあるかと思います。   今回は古着で取り入れられる代表的なチェック柄を二つピックアップしました。   チェック柄の王様、タータンチェック まず一つ目はチェック柄の中では馴染み深いであろう『タータンチェック』です。   タータンチェックと言えば、現在良く知られているルーツの一つがスコットランドの代表的な伝統織物ですね。   時代は古く、1700年初頭まで遡ります。 スコットランドとイングランドが「グレートブリテン連合王国」として一つになった頃に、スコットランド側のハイランド人が正装としてこのタータンチェックを着ていました。 そこから300年以上、タータンチェックはスコットランドで脈々と語り継がれています。  ...

続きを読む →

2020年春夏のトレンドカラーとオススメアイテム

2020年春夏のトレンドカラーとオススメアイテム

こんにちは! LYL.FASHIONのHiroyukiです。   今回は、ファッションを楽しむ上でポイントとなる『トレンドカラー』のお話しです。 トレンドカラーは誰でも簡単に取り入れられるものなので、ここで最新のトレンドカラーを押さえてより一層おしゃれを楽しみましょう!   1. 2020年春夏のトレンドカラー 早速ですが、今期のトレンドカラーには共通したキーワードを発表したいと思います。  それは。。。   『やや深い明色』   具体的な色をピックアップすると、   やや深い青   やや深い赤   紫 この三つの色が代表的なものとして挙げられます。   その中でも一つめの「やや深い青」については、トレンドカラーに世界的な影響を与える米パントン社が、今年の「カラー・オブ・ザ・イヤー」として「クラシックブルー」という名前で発表しています。 クラシックブルーは、最もトレンディーな色で名だたる海外セレブがいち早くに取り入れているんですよ! そんなやや深い青などのトレンドカラーは、クラシックで雰囲気のある色なので、それこそ古着の真骨頂。 是非古着MIXに挑戦してみてください!   2. トレンドカラーのおすすめ古着 1)柄シャツ&柄ブルゾン...

続きを読む →

ネクストホットアイテム 刺繍がイケてる!スカジャンを大解剖!(後編)

ネクストホットアイテム 刺繍がイケてる!スカジャンを大解剖!(後編)

こんにちは!古着で白飯3杯はいける、LYL.FASHIONのHiroyukiです。   今回は『スカジャン』大解剖の後編です。 前編ではスカジャンの歴史などのウンチクがメインでしたが、古着って、その歴史を知るとまた愛着も一入となるものです。(まだ読んでいない方は是非こちらから!)   いよいよ後編では、スカジャンの着こなしに重要な3つのポイントについてお話ししていきます。 それでは、行ってみましょう!   ポイント1:スカジャンコーデは組み合わせる”色”がポイント まずはコーディネートの基本とも言える、色の組み合わせです。   このコーディネートは柄シャツにスカジャンという、言葉だけ聞けばド派手なイメージですが、どうでしょう? 意外と”オラオラ感”の無いデイリーユースにまとまっていませんか?   ポイントはまさに色の組み合わせです。   このコーディネートでは、スカジャンの袖のラインの赤とアイボリーの色に合わせて、柄シャツでトーンを落ち着けています。 主役アイテムの部分的な色を基準に他のアイテムを合わせるだけでも、一気に統一感が生まれますよね。   スカジャンを着る際の色合わせでは、気をつけなければならない重要なポイントがあります。   それは、「蛍光色などのビビッドカラーで合わせない」ことです。   派手な刺繍が施されたスカジャンはビビッドカラーのアイテムと合わせると色の雰囲気が濃く強めになり過ぎて、コーディネート全体をごちゃごちゃした印象にしてしまいます。   スカジャンに合わせるアイテムは、薄い色、または淡い色などのシックなものを選ぶことがおすすめです!   ポイント2:スカジャンはAラインシルエットに着こなすべし! スカジャンを選ぶ際に、柄や色はもちろんですが、単体として家に飾るのでなければサイズ感は大事なポイントでしょう。  ...

続きを読む →

ネクストホットアイテム 刺繍がイケてる!スカジャンを大解剖!(前編)

ネクストホットアイテム 刺繍がイケてる!スカジャンを大解剖!(前編)

こんにちは!部屋の面積のほとんどを古着が占めている、LYL.FASHIONのHiroyukiです。 今回は スカジャン が主役の記事を前後編に分けてお届けします! 前編では、スカジャンの歴史を掘り下げていこうと思います。 スカジャンは何かと怖い人が着ていると言う偏見を持たれがちなジャンパーですが(わたしだけですか?)、ストーリーと歴史のある深いファッションアイテムなんですよ。 何より、今アツい柄シャツ&スラックスにげきハマりする(サイジングが重要です!)ネクストホットアイテムです! それでは、いってみましょう! 1. スカジャンってなんの略? さて、そもそも皆さんはスカジャンの正式名称をご存知でしょうか? ご存知の方も多いかもしれませんね。 そうです、「横須賀ジャンパー」が正式名称で、日本生まれの洋服なんですね。 どおりで、刺繍などが日本的柄や文字のものが多い訳です。   ちなみに別名もあって、「スーべニールジャケット」とも呼んだりします。   souvenir(スーべニール)=(旅行・場所・出来事などの思い出となるような)記念品、みやげ   ん? 記念品?みやげ?どゆ事? その答えはスカジャンの歴史に隠されているんです。 2. スカジャンの歴史は深い ここからは、スカジャンの深い深い歴史のお話をしましょう。   時代は遡り、舞台は1940年代後半の東京銀座。   当時の日本は、第二次世界大戦の敗戦直後で疲弊しきっていたことから、国民はそれぞれが生きていくためのお金を稼ぐ知恵を絞らなければならない状況でした。   そんな状況下で、当時多くの米兵が駐留していることに目をつけた銀座の露店店主が、当時アメリカ人に好まれていたスタジャンをデザインリソースとして誕生させたのがこの『スカジャン』なんです。...

続きを読む →

古着好きのシステム開発屋的、オンライン古着屋運営(作業編)

古着好きのシステム開発屋的、オンライン古着屋運営(作業編)

古着好きなファッショニスタの皆さんも、そうでない人も、こんにちは。LYL.FASHIONのDiceです。 今回は、恐らくLYL.FASHIONのお客様やファッションピーポーな方々には興味のないお話になりそうですが、もしかすると、同業の古着屋さんやネットショップな皆さん、またはこれからネットショップでファッションアイテムを販売したいと思っている方に何らかお役に立てる内容かもしれませんので、よろしければお付き合いください。 ネットショップのコストは決して安くない。 「実店舗は固定費や広告費がかかるからネットショップの方が手軽にスタートできる」 このようによく言われていますが、固定費や広告費は金額に違いはあれどネットショップも同様です。   実店舗に無くてネットショップに重くのしかかるコストの一つが、ササゲ作業と言われる、商品をネット上で販売するための「(サ)撮影」「(サ)採寸」「(ゲ)原稿(コメントや商品情報などのテキスト)」にかかる作業費です。   実店舗であれば、入荷した商品を棚に並べればすぐに販売できますが、ネットショップでは上記した情報をネット上にアップロードして商品ページにしない限り、販売以前にお客様に商品をご覧いただくことができません。   さらに、商品を煩雑に散らかした状態で販売している実店舗では買い物したくないですよね? 同様に、写真も商品情報もテキトーなネットショップで買い物するのは不安ですよね? 特にネットショップでは実物の商品を試着できないこともあって、写真もサイズなどの情報も綺麗で分かり易くあることが求められます。   参考:どんな画像が売上につながる?ECサイト商品画像に必要な要素とは[翔泳社 ECzine 記事]   そのためのササゲ作業が、実はファッション商材を販売するネットショップにはかなりの重労働 = 高コストなんです。   あくまで目安ではありますが、 ・商品撮影(写真5枚) = 5分・撮影した写真の加工 = 10分・採寸 = 3分・各種情報の入力...

続きを読む →

寒い日には、バルマカーンコートを華麗に着こなそう!

寒い日には、バルマカーンコートを華麗に着こなそう!

こんにちは!  三度の飯より古着が好きなLYL.FASHIONのHiroyukiです。 さて、まだまだ寒い日が続きますが、今回はそんな日本で大活躍の「バルマカーンコート」についてお話していきます。 1. バルマカーンコートって? 皆さんは「バルマカーンコート」と聞いて、アイテムのイメージが浮かぶでしょうか? 『バルマカーン??え、なにそれ新しいモビルスーツ?』 いえいえ、意外にこの呼び方は日本では馴染みがないのですが、実は皆さんよくご存知の... これです! そう、一般的には「ステンカラーコート」と呼ばれていますね。 ただ、皆さんに馴染み深い「ステンカラーコート」という呼び方は、実は和製英語なんです。 同様にアメリカやイギリスでもバルマカーンコートと呼ぶ習慣はあまり無く、単にコートと呼んだり、トップコートやレインコート、マックコートなどと呼んでいて様々なんです。 正式名称は意外とどこでも浸透していないんですね... (余談ですが、バルマカーンコートによく見られるラグランスリーブのディテールは、手を負傷した軍の兵士が着脱しやすくするために導入されたのが始まりなんです。こういった歴史を知ると何気無く着ている服も愛着が出てきますよね。古着ウンチク大好き!) 次は、そんなバルマカーンコートのブランド紹介へ進みましょう! 2. バルマカーンコートのブランド紹介 言うに及ばず、世界の三大コートブランドと言えば ・「BURBERRY(バーバリー)」 ・「MACKINTOSH(マッキントッシュ)」 ・「Aquascutum(アクアスキュータム)」 と言われています。 「BURBERRY(バーバリー)」や「MACKINTOSH(マッキントッシュ)」はご存知の方も多いと思いますが、「Aquascutum(アクアスキュータム)」って三大コートブランドの一角にもかかわらず、上記2ブランドと比べて意外と知られていない印象です。 街で誰もが来てるTHE流行を避けてこそのオシャレというアイデンティティーのLYL.FASHIONとしては、燻銀の光彩を放つ通好みの「Aquascutum(アクアスキュータム)」と、コートメインのブランドではないながらもトラッドなシルエットが美しい「PENDLETON(ペンドルトン)」から、特にオススメのバルマカーンコート2点をご紹介します。 ①Aquascutum(アクアスキュータム) まず一つ目は、三大コートブランドの一角、Aquascutum(アクアスキュータム)です。 1851年にイギリスのロンドンで創業。世界で初めて防水のウール生地を開発したブランドとして知られ、ラテン語で「水の盾」を意味するAquascutumがブランド名の由来になっています。 技術によってコート界の最前線を走るアクアスキュータムの魅力は、何と言ってもバーバリーやマッキントッシュと肩を並べる品質の高さと、バーバリーなどのIラインシルエットのコートとは異なった、美しいAラインシルエットにあります。 そして実際に着こなしてみると... (このブリティッシュで上品な雰囲気がたまりません。)...

続きを読む →